2007年5月6日日曜日

erlang その5

●正規表現ライブラリ regexp を使ってみる。

一致した位置を取得する関数 match を使ってみる。
最初の引数が処理対象の文字列で、第2引数が正規表現。
1> regexp:match("a,bc,def,123", ",").
{match,2,1}
結果の2番目が一致した位置で、この場合は最初の,が一致している位置なので、2になる。
0 originではなく、1 originである。
戻り値の最後の値は一致した文字数になので、1になる。

2> regexp:match("a,bc,def,123", ",d").
{match,5,2}
この例では2文字一致しているので戻り値の3番目の値が2になっている。

3> regexp:match("a,bc,def,123", ",d.f").
{match,5,4}
ピリオド.は任意の1文字に一致するので、,defが一致している。

4> regexp:match("a,bc,def,123", ",d.*2").
{match,5,7}
*は0個以上の文字に一致するので、.*で任意の0個以上の文字への一致を調べることになる。
なので、「,def,12」に一致することになり、一致した文字の長さは7文字になる。

マニュアルによるとmatchよりもfirst_matchを使用する方が速いとのこと。
使いかたは同じで、
5> regexp:first_match("a,bc,def,123", ",d.*2").
{match,5,7}

一致する部分を全てみつけたい場合は matches を使う。
6> regexp:matches("a,bc,def,123", ",").
{match,[{2,1},{5,1},{9,1}]}
コンマ,の場所を見付けているので、2文字目、5文字目, 9文字目が見つかる。

今度は、一致した場所の文字を置換する。置換には sub を使う。
この関数では最初に見つけた位置の文字を置き換えるだけ。
7> regexp:sub("a,bc,def,123", ",", " ").
{ok,"a bc,def,123",1}
返される結果の2番目は、置換処理後の文字列となっており、
最初のコンマがスペースに置き換えられている。

一致した場所全てを置き換えたい場合は gsub を使う。
8> regexp:gsub("a,bc,def,123", ",", " ").
{ok,"a bc def 123",3}
結果の3番目の値は置き換えた"箇所"の数で、この例ではコンマが3箇所あるので3になる。

一致した場所で文字列を分割する。これには split を使う。
9> regexp:split("a,bc,def,123", ",").
{ok,["a","bc","def","123"]}
コンマで分割された文字列のリストとして結果が返される。

今回はここまで。

0 件のコメント :