2008年6月15日日曜日

XAML でのアニメーション

XAMLのアニメーションについて分かったことをまとめる。

(1)
アニメーションには TargetProperty の型ごとに種類がある。
 DoubleAnimation : 型がDouble用
 SingleAnimation : 型がSingle用
 Int32Animation : 型がInt32用
 Int16Animation : 型がInt16用
 ColorAnimation : 型がColor用

基本的な型に対してこれ以外にも同様に存在する。

これらは AnimationTimeline を継承しているので
以下、各型に対するアニメーションの総称として
AnimationTimeline を用いる。

(1)
AnimationTimeline を管理するオブジェクトは<BeginStoryboard>である。
これが DoubleAnimation 等で指定する TargetProperty とリンクする。

リンク前の値を AnimationTimeline は憶えていて、
AnimationTimeline が破棄されると TargetProperty は元の値に戻る。

(2)
AnimationTimeline の FillBehavior に "HoldEnd" が指定されていると、
アニメーションが終わっても TargetProperty の値は最後の値が保持される。

"Stop"が指定されていると、アニメーションが終わると
該当する AnimationTimeline が破棄され TargetProperty は元の値に戻る。

デフォルトは"HoldEnd"

(3)
同じプロパティに対してEventTrigger と DataTrigger の両方を
設定し、さらにどちらにも FillBehavior="HoldEnd" としておくと、
EventTrigger の AnimationTimeline が優先される。

一度 EventTrigger によるアニメーションが発生すると、
そのままでは DataTrigger の AnimationTimeline は実行されない。

EventTrigger同士であれば、AnimationTimeline は
新しいものに書き換えられる。

(4)
EventTrigger によるアニメーション実行後に同じ TargetProperty に対して
DataTrigger によるアニメーションを有効に機能させるには、EventTrigger による
アニメーションを StopStoryboard によって破棄する必要がある。


具体的には次のようにすれば EventTrigger と DataTrigger が共存できる。

<EventTrigger RoutedEvent="Mouse.MouseEnter">
<BeginStoryboard Name="Test1">
<Storyboard>
<DoubleAnimation
Storyboard.TargetProperty="Opacity"
To="1.0" Duration="0:0:1"/>
</Storyboard>
</BeginStoryboard>
</EventTrigger>
<DataTrigger Binding="{Binding XPath=@AAA}" Value="XXX">
<DataTrigger.EnterActions>
<StopStoryboard BeginStoryboardName="Test1"/>
<BeginStoryboard>
<Storyboard>
<DoubleAnimation
Storyboard.TargetProperty="Opacity"
To="0.5" Duration="0:0:1"/>
</Storyboard>
</BeginStoryboard>
</DataTrigger.EnterActions>
</DataTrigger>

0 件のコメント :