2017年2月25日土曜日

ソースコードを色つきHTMLに変換する方法

いつも忘れるので、メモ。

SyntaxHighlighterのようなJavaScriptを使ってソースコードの色づけをする方法もありますが、 NoScriptを使ってスクリプトをブロックする環境で見ている人にとっては許可操作が面倒なので、 HTMLで埋め込むほうが表示が簡単です。

ツールは他にもありますが、ここでは、pygmentize を紹介します。
http://pygments.org/

インストールしてしまえば、あとは使うだけ。

次のようなシェルスクリプトを作って、引数に変換したいソースコードを指定すると、HTMLファイルが作成されます。

1
2
#!/bin/bash
pygmentize -f html -O full -O style=vs,linenos=1 -o $1".html" $1
作成されたHTMLファイルの中身を記事に貼り付ければ完成です。
背景色や境界線を変更したい場合は、行番号とソースコード本体を囲っている<pre>タグにCSSのクラスを指定します。

0 件のコメント :