2019年2月3日日曜日

wavの簡易表示

端末でwavファイルの中身を簡易表示するスクリプトを作ってみました。
https://bitbucket.org/bluewidz/asciiwave/src/default/aw
soxが必要です。

実行例です。

$ ./aw a.wav | head -n5
0.100s  18893   12375   18893   12375   18893   12375
0.200s  10841   6235    10841   6235    10841   6235
0.300s  8328    4031    8328    4031    8328    4031
0.400s  7479    3369    7479    3369    7479    3369
0.500s  6779    3056    6779    3056    6779    3056
0.100sの列は、0s-0.1sの間のサンプル値の絶対値の最大値を表示しています。
列はチャンネルを表しています。一番左が1チャネル目です。6列あるので、このファイルは6チャネル分のデータが含まれていることになります。

スケールを変更する場合は、1行にまとめるサンプル数を直接指定します。
$ ./aw -s 480 a.wav | head -n5
0.010s  0       0       0       0       0       0
0.020s  0       0       0       0       0       0
0.030s  0       0       0       0       0       0
0.040s  0       0       0       0       0       0
0.050s  39      25      39      25      39      25

0 件のコメント :