2020年2月16日日曜日

インフルエンザの報告数の推移

報告数


新型コロナウイルスの話があふれていますが、毎年流行っているインフルエンザの報告数について調べてみました。

指定届出機関からのインフルエンザの週ごとの報告総数です。 データは https://www.niid.go.jp/niid/ja/data.htmlから入手できます。

今年は2018年や2019年に比べて3分の1くらいになっています。2019年12月頃までは2018年に比べて多かったにもかかわらず、年が明けると例年並みに減り(1週目の値)、そこから報告数が拡大していません。どうしてなのでしょうね。

死亡率


ついでに、インフルエンザによる死亡率についても調べてみました。 米国のデータでは、 https://www.ncc.go.jp/jp/ncce/division/safety_management/about/kansen/020/010/20181002160441.html から引用すると、
年齢10万人あたりの死亡者数(米国)
25歳-34歳0.1
65歳-74歳2.2
75歳-84歳8.7
85歳以上43.3
とのこと。

リンクされている元データをたどってみると、 https://www.cdc.gov/nchs/data/nvsr/nvsr68/nvsr68_09-508.pdf のTable 5がそれっぽいので、その値をみてみると、

年齢10万人あたりの死亡者数(米国) 2017年
25歳-34歳0.9
65歳-74歳29.6
75歳-84歳93.8
85歳以上375.3
何か桁が1つ違うような。どうしてだろう。

それはともかく、10万人あたりだと実感がわかないので、%にしてみると、

年齢死亡率(%) (米国) 2017年
25歳-34歳0.0009
65歳-74歳0.0296
75歳-84歳0.0938
85歳以上0.3753
となりました。

日本での死亡率は https://www.hosp.med.osaka-u.ac.jp/home/hp-infect/file/ictmon/ictmon162.pdf に掲載されている図3から数値をざっくり読み取ったところ、

年齢死亡率(%) (日本)
2009年8月3日〜2009年12月13日
30歳-39歳0.001
60歳-69歳0.016
70歳以上0.032

でした。年齢の区分が異なるのでなんともいえませんが、日米ともだいたい同じくらいなのかな。

インフルエンザとは?


インフルエンザの説明は
https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/219-about-flu.html
あたりが参考になります。

0 件のコメント :