2018年7月21日土曜日

OneNote 2016

OneNote 2016がなぜかCPUを1コア消費し続けるようになった。
再起動しても、OneNoteのキャッシュを削除しても、起動してしばらくすると再発する。

何かのアップデートでバグが入ったようだ。

SysinternalsのProcess Explorerを使ってどのスレッドが消費しているのかを調べたところ、

ntdll.dll!RtlReleaseSRWLockExclusive

がCPUを消費し続けていることが分かった。名前とCPUを消費し続けていることから考えると、排他制御をスピンロックを使って実装したものの、ロックを抜ける条件を書くところで何かをミスったのだろう。

何を処理しているスレッドなのかは分からないが、Process Explorerで当該スレッドをSuspendすることで、とりあえずCPUを消費し続ける状況は回避できた。今のところ、OneNoteの操作には影響はないようにみえる。この方法で不具合修正が入るまで回避かな。

0 件のコメント :